女の人

好きなことを仕事にする|漫画家になりたいなら専門学校に通おう

マイク

発声や演劇を学ぶ学校

声優の高校では発声や演劇の練習だけでなく、ダンスやファッションなど色々な現場で活躍するための授業が行われています。高校の雰囲気を確かめるには、学校説明会や体験入学に参加することがポイントで、実際に行われている授業を体験して学校を選びます。

フラメンコ

フラメンコの基礎知識

スペインの有名な無形文化財であるダンスのフラメンコは、他にはない魅力のあるダンスです。日本でも大変人気が高く、年齢や性別に関係なく踊れるというメリットもあります。フラメンコ教室も日本各地に存在して人気を博しています。

ピアノ

自宅で手軽に

オンラインサービスは近年多様化しています。中でもピアノレッスンに注目が集まっているでしょう。一人一人のレベルに合わせたレッスンを受ける事が出来ます。また、リーズナブルな料金も人気の一つです。

漫画家を目指す専門学校

マンガ

初年度は100万円が必要

クリエイターを目指すのなら、その分野に秀でた専門の学校へ通う必要があります。例えば漫画家になりたい場合、漫画の技術を学べる専門学校へ通います。その他にも漫画家になりたい人の勉強方法はいくつかあります。昔ならプロの漫画家の元へ弟子入りしたり、プロダクションへ入ってアシスタントとして修業するという方法があったのです。今でもこの方法は可能ですが、それでも漫画家としての最低限の技術は必要です。そのためにはやはり漫画の技術を学べる専門学校へ通うのが早道なのです。専門学校の良いところは、プロに必要な基礎を教えてくれることです。漫画家になりたい人で独学している場合の欠点は、自分よがりに陥りやすいことです。プロの漫画家になりたいのなら、読者受けするためのテクニックが必要です。そのための技術を専門学校は教えてくれます。専門学校の費用ですが、漫画だけでなく色々な業種を対象にしている場合でも初年度は100万円ぐらいは必要になります。2年度以降は半額程度になるので、とりあえず100万円は用意しておく必要があります。なぜ初年度の学費が高いかというと、入学金と施設費などが必要だからです。ほとんどの専門学校では2年目以降は学費が安くなっています。漫画家になりたい場合は、まず専門学校のパンフレットを取り寄せて学費や卒業後の進路などを比較します。大きな専門学校だけでなく、プロの編集者などが主催する塾形式の所もあります。学費の比較も大切ですが、授業内容が自分に合っているかどうかも大事です。